健康の起動時の長いディスクアクセスは、健康の履歴が溜まりすぎていたせいだった?!
健康の起動時の長いディスクアクセスは、健康の履歴が溜まりすぎていたせいだった?!
ホーム > 健康 > 美味い不味いじゃなく酵素の働きは大切です

美味い不味いじゃなく酵素の働きは大切です

食事をしたら美味いか不味いの感情が先に出てきますが、カラダの中では美味い不味いにはあまり意味がなく、栄養素をどれだけ摂取できるかに掛かっています。

体内ではさまざまな酵素の働きにより、栄養分として、またはカラダが正常に機能するために吸収されていきます。

炭水化物が大好きなら、澱粉分解のアミラーゼという酵素が必要になり、アミラーゼの働きにより、澱粉やグリコーゲンを分解し、デキストリンや麦芽糖に変化します。

たんぱく質分解にはプロテアーゼという酵素が必要になり、人体に吸収しやすいたんぱく質に変化され吸収されます。

栄養素の豊富な乳製品を分解させるにはラクターゼという酵素が必要であり、大人になって牛乳を飲むと下痢をしてしまう人はラクターゼが不足しているということです。

ダイエットに関わる酵素はリパーゼで、今お持ちの体脂肪を分解するのに大切な働きをします。

体脂肪だって分解されなければ燃焼できないし、痩せていきませんよ。

あと野菜や果物を吸収するためには、セルラーズという酵素が必要になり、野菜や果物に含まれるセルロースを分解し栄養素を吸収しやすくします。

セルラーゼが不足していたら消化不良を起こし消化が停滞しお腹まわりも太くなってしまうといいます。

美味しいラーメンを毎日のように食べてブログに掲載する人もいますが、美味い不味いにあまり関係のない酵素の働きを少しでも意識したら、もっと健康になると思いますし、酵素を増やす食べ物を食べるということも大事になります。

 

代謝をアップさせる酵素を309種類配合サプリ