健康の起動時の長いディスクアクセスは、健康の履歴が溜まりすぎていたせいだった?!
健康の起動時の長いディスクアクセスは、健康の履歴が溜まりすぎていたせいだった?!
ホーム > > 出世に対する若者の意欲

出世に対する若者の意欲

誰でも簡単にスムーズに確実に出来るなら望まない理由なんてありませんよね。
近年の若手層はバブル世代のガツガツと闘争心に燃えていた層からすると意欲が無いように見受けられるそうです。

「管理職の責務は自分には担えない」などと背を向けている人も少なくは無いようで、ただ、その影には「任せてもらえるならやりきる自信がある」と言う隠れた意欲の持ち主もいるそうです。

新入社員で入社したての方に対するアンケート結果によれば出世に対する意欲が見受けられる意見を出した方が88%いたそうです。
ではなぜ、88%もいたにも関わらず、バブル世代から「意欲が無い」と判断されてしまうのか。

それに関しての意見に、入社した会社の出世コースについて冷静に分析した結果、自分では無理だと判断したから諦めていると答えたか方がいたそうです。

今の時代、学歴や出身校より実力重視の会社が多くなっているようにも思いますが、大手企業を見てみるとそうでもないところもあるようです。
知人の務める会社の親会社が大手に入る企業ですが、出身大学で出世コースに入れたり入れなかったりといまだにあるそうです。

しがない専業主婦の私でも、出身校のみで決めていたら実力もない管理職者が増える一方ではないかと懸念してしまいます。
実力のある人、劣っている人だとしても努力次第で管理職も夢じゃないというような会社が増えたらいいですね。
こちら(⇒http://www.edelinedesign.com)のサイトでさらに詳しく書かれています。